15分は長いか短いか

以前の仕事も、その前の仕事も会議は1時間から2時間でしたが、通訳そのものは会議中ずっとではなく、担当議題や質疑応答発生ベースでした

なので、今回経験している「早く話し続ける」はきびしい

1時間、2時間、5時間と目的別に色々な会議時間のパターンがあるなか、スピーカーの皆さん持ち時間きっちり話されます

そのため通訳15分が長い

説明パートと質疑応答パート、どちらに当たるのか気が気ではなく、財務パートでは数字や社内用語に対応ができず、しどろもどろになりました

完全に力不足です

どこを探しても近道は無いので、日英両方の資料を何度も読み込み、日を音読しながらひたすら英語に置き換えます

その後、日を黙読しながら英を口から出します

・○億の扱いや、○○億の扱い

・社内用語の把握

スピーカーの話すスピードや、くせに慣れるために、動画があれば繰り返して見ながら通訳します

頭が真っ白になって言葉が口から出てこないので、出てくるまではあーとかいーとか声を出して繰り返しやるのみ

一緒に担当してくださったもう1人の通訳さんはとても凄くて、頭の中はどうなっているのか、拝ませていただきたい気持ちになりました

近くで凄い人を目にする機会に恵まれる、これは実はラッキーな経験で、ショックと共に目指すべきロールモデル像が鮮明に焼き付いたので、辛くてもその方を思って乗り越えられます

通訳は積み積み積み上げ作業の繰り返し、やめなければいつかは目的地に辿り着きます

あんまりのんびりし過ぎないよう気をつけながら、毎日限界まで詰め込んでみます

目安は1ヶ月です

明日は今日より強くなる