春こそオーラルエアロビ

オーラルエアロビクスで英語の発音上手

よく知られていますが、英語の発音には聞き慣れないもの、言い慣れないものがあります

日本語にはない音です

英語を上手く話すために、その音を出す”口の形”と”舌の位置”を体で覚えましょう

朝起きてから出掛けるまでのスキマ時間に、このオーラルエアロビを試してみて下さい

身体のトレーニングと同じで、口もウ準備運動をすれば動きが良くなります

あらかじめ解しておくと、1日のどこかで英語を話す機会があった時に効果を感じることができます

私は毎朝の半身浴の間に必ず英語の本かニュースを音読します

その音読前にオーラルエアロビとア〜ワまでの発音練習をします

英語を話す準備ができた、という感じがして舌が回るし口がよく開きます

オーラルエアロビ

口の形は目で見て真似ると効果が高いです

とても分かりやすいJennifer-sanのYouTube動画がこちら

6:25から口の形を強調した発音練習が始まります

日本語では、英語ほど口を大きく動かしません

英語には口を大きく開く、横に引く、縦に長く開くなどに加え、舌を上の歯の付け根に触れたり、喉に向けて丸めたり、下の歯の付け根に当てて押さえたりする動きが同時に起こります

動画を見ながら口を動かすだけでも、頬や首筋の表情筋が引っ張られ、良い運動になります

頭で覚えたり考えたりするよりも、身体で覚えてしまう方が楽なので、意識的に繰り返して真似をしてみてください

口の形がマスターできると発音は自ずと良くなります

新鮮な気持ちでアエイオウ

最初に、aeiou に慣れましょう

あいうえおに慣れ親しんだ私たちには違和感がありますが、英語の発音に関する資料や動画の中で、必ず aeiou がでてきます

まずは無心になって下の通りに繰り返してみてください、割とすぐに慣れます

舌の位置、唇の動き

ア行からアエイオウ x10

カケキコク x10

ガゲギゴグ x10

サセシソス x10 ザゼジゾズ x10

thの発音 前歯の間に舌を少し噛む サァシィスゥセェソォ x10

タテチトツ x10

ダデェディドドゥ x10

ナネニノヌ x10

ハヘヒホフ x10

pの発音 唇を挟み込んで息を吐き出すように パペピポプ x10

bの発音 唇を挟み込んで息を吐き出すように バベビボブ x10

vの発音 上の前歯で下唇の真ん中からやや内側あたりを軽く噛みながら息を吐き出すように バァベェビィボォブゥ x10

マメミモム x10 ヤヨユ x10

Lの発音 上の前歯の付け根に舌の先をつけたままラレリロル x10

rの発音 舌の先で喉の奥に触るイメージで ラァレェリィロォルゥx10

オーラルエアロビが終わったら、

試しに英語ニュースの短い文章を音読してみてください

読みやすくなっていませんか?