筋トレと睡眠と鶏胸肉の関係

筋肉を大きくしたい人は、常に食事に気を配っています

今回は簡単時短で作れる自家製サラダチキンの仕込み方法を紹介します

鶏胸肉は栄養価が良く、価格も安いです、柔らかく調理できれば万能食材として他の料理にも使えます


・Skinless chicken breast 皮なし鶏胸肉 -320g, 270g お好みでもっと。1kgで5日分程度

・Brown sugar 黒糖 x 1tsp /per side

・Crazy salt クレイジーソルト -a bit

・Sake 酒 x 2tbs for each

・Plastic bag ビニール袋 x 2

今回320g and 270g
59JPY 円/100g
優秀
開きます
フォークをお肉の両面にさします
皮の面が面?どっちが裏?

片面づつ黒糖をかけてフォークですり込みます

同じようにクレイジーソルトもすり込みます

黒糖して
クレイジーソルトする
料理用透明ビニール袋に一枚づついれます
お酒を少しお肉が浸るくらいいれます

お酒は少量でも行き渡るので、そんなにたくさん入れないでも大丈夫

ビニール袋の空気を抜く様に口を縛ります

モミモミ
この状態で3,4日冷蔵庫で寝かせます

後は鉄板にクッキングシートを敷きグリル調理します

焼き上がったら、クッキングシートでお肉をくるんで粗熱をとり、そのままコンテナーで冷蔵庫へ入れてしまうと、鉄板や食器を洗う手間が省けます

夜食べるなら朝焼いて、冷ましておけば帰って食べるだけです

だいたい11分程度焼けば火は通ります、その後余熱で追い加熱されます

鶏胸肉は十分な加熱をして下さい

また、ブロッコリーやアスパラ、ジャガイモやキノコ類など、付け合せ野菜がある場合は、一緒にグリルすればバランス良い一品が簡単に出来上がります

例えばアスパラ

チキンを多め仕込んでお弁当にも活用ください

200gの鶏肉で40gのタンパク質を摂ることができます

1週間のランチボックス

慣れてきたらシュレッドチキンにして、パスタやピザにすると美味しく食べられます


筋トレと睡眠と鶏胸肉の関係は持ちつ持たれつで、過不足しては努力が身を結びません

仕事をして生きる以上、残る時間をどう分配するか、どこを縮めてどこに充てるとより効率的か、バランスを見つけて習慣づけることが筋肉の成長につながります